地盤保証制度の取次

地盤保証制度の取次

はじめに

ハウスジーメンでは、地盤保証制度の取次サービスを行っております。
地盤保証制度は、一般社団法人住宅技術協議会で運営している制度で、地盤に起因する不同沈下等の事故が起きた場合に協議会の登録地盤会社が協議会と連名で保証する仕組みです。

地盤調査データに対して、客観的かつ適正な判断を行うための専門的知識を持った第三者として住宅技術協議会が解析を行い、考察と判定の照査を行います。

住宅技術協議会のホームページはこちら

住宅技術協議会地盤保証のメリット

  • ハウスジーメンと住宅技術協議会が一体で対応、情報共有する安心
    • ・ハウスジーメンが取次を行うので、住宅かし保険と情報を共有。
    • ・万が一の事後発生時の連携もスムーズで安心です。
  • 第三者の立場から、『安全・安心に暮らせる』品質を保証します
    • ・住宅技術協議会は、利害関係やその他の圧力に制限を受けることの無い中立な立場で、登録地盤会社の調査・解析結果の再判定、地盤改良工事の設計審査や、改良工事報告書の確認を行います。
  • 確かな技術力
現地ロケーション、①地形・地質の把握、②造成履歴、盛土有無、③地盤調査作業風景、④周辺を撮影した写真等の情報を確認、現地ロケーションを重視しています。
実測データ、地盤調査報告書の実測データを確認します。建築計画の配置で4箇所以上の測点を確認し地中混入物や盛土、擁壁等の数値に表れない情報も考慮します。
情報収集、正確な判定のために、地盤調査結果に基づいた考察に対して、事業者様(設計者様)や地盤会社、造成会社等へヒアリングや追加資料の請求を行うことがあります。
考察と判定の照査、地盤会社の考察および判定については、照査のうえ、より適正となるように判定結果を変更することがあります。
判定、住宅技術協議会が、地盤判定書を作成します。改良工事不要判定または、改良工事必要判定
  • 充実した全国ネットワーク
    • ・全国264社の登録地盤会社で、スムーズな地盤調査・地盤改良工事の手配が可能。

住宅技術協議会の登録地盤会社はこちら

地盤保証制度の概要

対象住宅

  • 登録地盤会社による地盤調査・改良工事について、住宅技術協議会が審査・承認した住宅
  • ハウスジーメンの住宅かし保険を付保する住宅
  • 次の全てを満たす住宅
    • ・木造または鉄骨造で地上3階以下
    • ・高さ13m以下
    • ・軒高9m以下
    • ・延床面積500m²以下

保証者

住宅技術協議会と地盤調査または改良工事を行った登録地盤会社が連名で保証

保証限度額

  • 保証期間を通して 5,000万円
  • <支払対象>
    • ・対象地盤の修復費用 2,000 万円 / 1事故
    • ・事故原因究明費用 200 万円 / 1事故
    • ・仮住居・転居費用 200 万円 / 1事故
    • ・初期対応費用 500 万円 / 1事故
    • ・訴訟対応費用 1,000 万円 / 1事故

保証期間

原則として基礎工事の着工日から、対象住宅の引渡し後 10 年 または 20年 が経過する日まで

地盤について詳しく学びたい方はこちら
GMEN PRESS「地盤ゼミナール」

お問合せ先

ハウスジーメン 地盤推進室

TEL 03-5405-9650

FAX 03-5405-9651

分析結果に対するお問合せ先

一般社団法人 住宅技術協議会

TEL 03-5408-8102