新築住宅かし保険

紛争処理等に関する事項

紛争処理に関する事項(義務保険のみ)

義務保険では、住宅事業者と住宅取得者(注文者・買主)との間で対象住宅に関するトラブルが発生した場合に紛争処理等に関する次のサービスを利用することができます。

検査内容

住宅リフォーム・紛争処理支援センターに設置されている窓口(住まいるダイヤル)に相談をすることができます。
通常窓口はナビダイヤルですが、義務保険が付保された住宅の取得者は、保険付き住宅専用のフリーダイヤルを利用することができます。(フリーダイヤルは別途リーフレットに記載されています)

住まいるダイヤル

窓口 電話 受付時間
通常窓口(ナビダイヤル) 0570-016-100 平日10 :00 ~17:00

専門家相談

保険付き住宅を対象とする「専門家相談」利用することができます。「専門家相談」は弁護士と建築士に相対で相談できるサービスです。

「専門家相談」の利用には事前の予約が必要で、予約は上記の「住まいるダイヤル」で受け付けています。

(相談料は原則無料で相談時間は1時間です)

裁判外の紛争解決手続き(ADR)

契約の相手方との間の紛争処理

被保険者である住宅事業者と住宅取得者の間に請負契約や売買契約に関するトラブルが生じた場合は、両者は住宅紛争審査会(指定住宅紛争処理機関)による裁判外の紛争解決手続き(Alternative Dispute Resolution)を利用できます。

紛争解決続きは「あっせん」、「調停」、「仲裁」から選択することができます。

紛争解決手続きに対する当社の対応

  • ・住宅紛争審査会から意見の照会があった場合は、意見書を提出します。
  • ・住宅紛争審査会が必要と認める場合は、利害関係人として紛争解決手続きに参加します。
  • ・紛争解決手続きで成立した和解の結果を尊重します。また、当社が利害関係人として紛争解決手続きに参加した場合は、特段の事情がない限り提示された和解案等を受け入れます。

「対象住宅の転売に係る特約」が付帯された保険契約の場合は、住宅事業者と転得者の間の「対象住宅の保証」をめぐるトラブルも紛争解決手続きの対象となります。

当社との間の保険金の支払いに関する紛争処理

住宅取得者は、保険金の直接請求の手続きに関して当社との間でトラブルが生じた場合は、住宅紛争審査会に当社を相手方とする紛争解決手続きを利用することができます。

紛争解決手続きに対する当社の対応

  • ・特段の事情がない限り、住宅紛争審査会から提示された和解案等を受け入れます。

紛争処理を利用するうえでの注意点

紛争処理手続きを利用するためには申請手数料(10,000 円(消費税非課税))が必要です。

保険協会審査会への審査の請求について(義務保険・任意保険共通)

保険金の請求者は、保険金の支払いに関する当社の査定結果を受け入れられない場合は、住宅瑕疵担保責任保険協会に設置される審査会に審査を請求することができます。当社は特段の事情がない限り審査結果に従います。

  • 義務保険の場合は、被保険者である住宅事業者
  • 任意保険の場合は、被保険者である住宅事業者と直接請求の場合の住宅取得者

申請を行うためには次の要件を満たす必要があります。

  • ・当社に保険事故の連絡をした日から原則2ヶ月以上経過していること
  • ・請求者の個人情報を含む情報を当社から提供することに同意すること
  • ※ 義務保険における住宅取得者の直接請求の場合は、上記の住宅紛争審査会が対応窓口となります。

審査を請求するためには申請手数料が必要です。手数料は申請者に応じて次のとおりです。

申請者 手数料(消費税別途)
住宅事業者 50,000 円
住宅取得者 10,000 円

審査会窓口

窓口 電話 受付時間
住宅瑕疵担保責任保険協会 審査会窓口 03-3580-0338 平日9:00-17:00