サービスメニュー

増築保険・増築保険プラス

住宅の増築工事に

【対象住宅】
既に人の居住の用に供した戸建住宅、小規模共同住宅および一般共同住宅(一般共同住宅は、住戸単位での引受けになります)
住宅のリフォーム工事が増築工事である場合は増築保険で引受けいたします。増築保険は、単独で行う増築工事(増築保険)のほか、他のリフォーム工事と同時に行う増築工事(増築保険プラス)を対象とします。
増築保険・増築保険プラスをご利用いただくには、予めリフォーム事業者登録が必要です。詳しくは「事業者登録について」をご参照ください。

増築工事:基礎を新設する増築工事をいいます。増築保険および増築保険プラスの引受けの対象となる増築工事は、対象部分に人の居住の用に供する部分を含みかつ階数3以下のものに限ります。

増築保険・増築保険プラスは、「増改築工事に関する特約」を付帯したリフォームかし保険をいいます。

リフォーム工事の対象部分に構造耐力上主要な部分を含む場合は、新耐震基準等を満たす住宅に限ります(対象リフォーム工事により新耐震基準を満たす場合を含みます)。

保険の対象と保険責任期間

保険の対象 保険責任
期間

対象増築工事の目的物の瑕疵に起因して、

【1】
増築工事の目的物の構造耐力上主要な部分が基本的な耐力性能を満たさない場合
【2】
増築工事の目的物の雨水の浸入を防止する部分が基本的な防水性能を満たさない場合
10年間

PAGE TOP

保険金額

保険金額 増改築工事の目的物 2,000万円

※増築工事以外の対象リフォーム工事に対する保険金額と別枠

PAGE TOP

現場検査

増築工事に対して右表それぞれの時期に当社所定の現場検査を行います。現場検査に適合することが保険契約締結の条件です。増築保険プラスでは、増築工事の現場検査に加えて対象リフォーム工事に対する現場検査を行います。この場合、対象リフォーム工事で行う完了後現場検査は行いません。

現場検査
【1】 【2】
配筋検査 躯体検査
 ※1  ※2
※1.
基礎配筋工事の完了時
※2.
躯体工事の完了時または下地張直前の工事の完了時

PAGE TOP

保険契約手続きの流れ

保険契約手続きの流れ

PAGE TOP